スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供への攻撃

子供への攻撃

ここ数日、子供への攻撃が始まった。
良く見ていると、自分のテリトリーと主張したい場所に近づいたり、手や足が近づいたりした時に追い払おうとしている様子。

テーブルの下に入っている椅子の座面、ソファと窓との間に出来ている狭い空間、そういったある種のお気に入りの場所で、足でそこをパタンパタン叩いているような状況、あるいはこうした場所にお気に入りのおもちゃ(靴下)などを持ち込んでいる場合などに特に顕著に起きている。

大人が近づいてもなんという事は無いのだが、子供にはわざわざそこから出てきて追い払おうとする。
子供の反応も、見ていると、追いかけられて逃げてしまっている。
これではフクロウは、追い払えると思ってしまう。

う~ん、これは関係がおかしくなりつつあるようだ。関係修復が必要のようだ。

これまでも機会があれば、子供に散歩に連れていかせたり、うんちの始末などもさせていたのだが、さらに接触する機会を上手に増やしていかないといけないだろうという事で、餌やりをさせる事にした。

まあ、バロンも自分の城を持ちたいのだろうが、今のところ、自分の「巣」に相当する場所を作れる環境にはない・・・・というか、自分だけの城を作り、自分が王様になれるようなスペースはすべてなくし、常に人間と共存しなければならない環境にしてしまっている。なんとか自分だけのスペースを作りたいのはわかるが、ここでそれを許してしまうと、野生の習性が頭を出し、人を追い払おうとする癖がついたり、ひどい場合には自分の「巣」に近づくものに対して攻撃をしたりするようになるかもしれない。

そうなってしまうとお互いに不幸になってしまうので、今のうちに関係修復をしてしまおうと考えた。
やはり餌の威力は絶大で、
子供の手の上でおいしそうに食べる。

子供と食事1


子供と食事2

しかも室内とは言え、子供のコントロール下で、何回も「渡り」もした。
こうしてお互いの関係を深めていく事がやはり大切なようだ。
子供も学校の宿題やら習い事やらで結構忙しいが、こうした機会をもっと積極的に増やしてやらなければいけないのだろう。

みんな頑張ろう!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご夫婦>バロンちゃん>お子さん
↑こんな感じがバロンちゃんの中で出来ちゃってるかもしれませんね。
僕(私)はバロンより強いんだぞ!ってところ見せればいいのでしょうかねぇ?躾が一番難しいです(^_^.)

給餌で丸くおさまればいいですね(^^)

No title

鈴フクロウ様

ご訪問&コメントありがとうございます。
そうですねー
まあ、犬ではないので順位はないのかもしれませんが、
追い払える動物と共存したほうが良い動物の2分類ぐらいには
なってしまっているのかもしれませんね。

色々試行錯誤しながらのんびりと共生方法を探ってみます(^^)
プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。