スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くちばしの手入れと新とまり木スペース

くちばしの手入れと新とまり木スペース

今日は朝からごきげんな様子。どこに歩いていってもピュルピュルと絶好調!これはクチバシの手入れをするにはすごく良い機会!と思い、さっそく爪切りとやすりを手に、大したことはしないよ~という雰囲気を漂わせながら抱っこに持ち込む。
で、仰向け抱っこにすると、やはり「何すんの?」とガジガジ・・・・

ただ、今日はクチバシの手入れなので、恐れず指を入れてクチバシ先端をカットしやすい位置に一気に持ち込む。
どうも本人が想定していた動きではなかったらしく、しばらく呆然としたのか、固まった・・・・・。
なので、非常にクチバシの先端は楽にカットできた。やすりも手早くかけてしまって、ほとんど終わり・・・・・というところで、何をされていたのか、我に返った様子でジタバタ。
まあ、もう終わっていたので、「頑張ったねー、いいこだったねー」と言いつつ解放。
でも、本人は「何すんの!」とでも言いたげな表情で憮然と歩み去った。
なんてことすんだい!

でも、家族のみんなから、「良く頑張ったねー」とか「えらいねー」とか言われてなでられていると気持ち良くなったのか、この表情(^^)
ちょと誇らしげ・・・
でもスッキリした

で、これがクチバシの手入れを終えた後のアップ
ハンサム?
先端の針の先のような鋭さが無くなって丸みを帯びているのがわかります。
お手入れをした後、少しストレス発散がしたかったのかもしれませんが、手をガジガジとしましたが、以前とは雲泥の差。ほとんど痛くありません。
餌をくわえて飲み込むまでも非常にスムースになりました。
よかったねー。

さて、今日はもうひとつやってみようという事がありました。
新しいとまり木スペースの設置です。
ブリーダーさんに今後の事をお伺いさせていただいたところ、
やはり人がいない時などは係留が良いですよ・・・・ということだったのですが、
その際、とまり木があまり高い位置だと事故がおきることもあることなど丁寧に教えていただいたので、係留に慣れるまでは低い位置からはじめてみようということで、新しいとまり木スペースを作って取り付けてみることにしました。
使ったのは粗大ごみに出そうかと考えていた組み立て式の木製CDラック。このラック部分を使って壁に「L」字金具で固定。で、上には両面テープで人工芝を貼り付けてみました。
ここなんだ?
少々奥行きが少ないので、「のび」をする時などはちょっとだけ狭いかなと思いましたが、本人は割合気に入っている様子。結構遊んでいました。
まあいいかも
しばらく様子を見ていたのですが、何回も「のび」をしたり、羽づくろいが始まったりで、かなりリラックスできる様子。
まずは一安心といったところ・・・・かな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。