スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌のお話しpart2

餌のお話しpart2

2日前より餌がヒヨコからウズラに変わったので、本日は「餌」のお話しを、久しぶりにもう一度。
フクロウを飼うには避けて通れないお話しですよね。

小型のコノハズクやミミズクでは昆虫食のものもいますが、
メンフクロウなどある程度大きなサイズのフクロウは当たり前ですが肉食です。

なので、当然のことながら野菜や果物は食べません。
では、どうやって生きていくために必要なビタミンやミネラルなどをとるのでしょうか?

餌としてあげるのは
お肉屋さんで買ってくるような血抜きをしたあっさりとした切り身ではありません。

血や内臓から必要なビタミンやミネラルを摂取し、
骨からはカルシウムなどを栄養とするため、
基本はヒヨコやウズラの初生雛などを一口大に切って与えます。

今回は、後ほどウズラの雛そのものの写真や、それをキッチンばさみで切った画像を出していますので、ダメな方はこれ以上お進みにならない事をおすすめします。



今日は、毛も羽も足もあるウズラの写真や、それを一口大に切って餌にした画像も出てきます。
冗談ぬきで、そういうのがダメな方はここで読むのを止めていただいたほうが良いと思います。







【この先、餌(雛ウズラ)の画像がありますのでご注意ください】







2日前より餌がウズラの初生雛に変わりました。それまではず~っとヒヨコでしたが、途中で餌が切れそうになった時やブリーダーさんのところに里帰りした時にウズラを食べて、結構な勢いで食べていたので、ヒヨコ終わりでウズラにしてみました。

ヒヨコより当然の事ながらウズラの初生雛は圧倒的に小さいので、何羽必要なんだろうと思って重さを計ってみたところ、今まで食べていたヒヨコのグラム数と同等なのは7羽~8羽程度のようでした。

こうした餌はどこで買うのだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、猛禽類を販売しているペットショップさんなどから購入できます。
もちろん抵抗がなければネットで購入する事もできます。

そして購入したウズラは思ったより小さめのダンボールの箱で届きました。
ウズラ箱

でもこれで中身は1.5kgぐらいはあります。早速中身を確認!





【ここからは餌のウズラそのものがカラー画像で出てきます。ご注意ください】






中身は小さいウズラの初生雛でいっぱい!何羽入っているのでしょう!
ウズラ箱内部




箱の中では上の画像のような状態で冷凍されていますので、必要なだけ取り出して解凍します。
そうして準備したものの中から、とりあえず一羽取り出してみました。
ウズラ一羽




この一羽では当然足りないので、いつもの体重の上と下の差(食前&食後の体重差)である、60g~70gを計ってみたところ、こんなにたくさんになりました。
ウズラ7羽



これらを、キッチン鋏で一口大に「切って」小さいボウルに入れて餌として与えています。
今回は7羽使いました。
大きさにもよるのですが、6~8羽がひとつの目安になりそうです。
ヒヨコより小さいので、力を入れずに切れて、とっても準備が楽です。
ウズラ一口大


今、バロンは一日1食でOKですので、一回の食事が60g程度としても約25日分の餌がこの一箱には入っていることになります。

お散歩途中、餌は何を食べるのですかと聞かれ、お答えしたところ
残念な事に、「共食いするんだ!」とおっしゃった方がいらっしゃいました。
もし、フクロウがフクロウを食べたら共食いなんだとは思いますが・・・。
大きな魚が小さな魚を食べるのも、「共食い」になってしまいますね。

餌の問題は確かにハードルが高い問題かもしれません。
でも、フクロウは無駄な食べ方はしませんし、いる量だけしか食べません。
そして、消化しきれなかったものを「ペリット」という固まりにして吐きもどし、
それで食道などをクリーニングしていたりするのです。
とってもつつましやかで合理的に出来ているのです。

きちんと餌の問題に向き合えれば、
フクロウはもっともっと素晴らしい世界を見せてくれると思います。

多くの人は、目の前で牛や豚や鶏がさばかれていくのを見て切り身となって出されたら
残酷とか気持ち悪いとか思うのではないでしょうか?
でも、人間が食べる肉ももとはその姿があったのです。
それを処理してくれる方々がいらっしゃるから
今の私たちは牛や豚や鶏がさばかれる場面を目撃しなくてすんでいるだけなのです。

食事をするという事の基本形が
フクロウへの餌やりなんだと思います。

フクロウへヒヨコやウズラをさばいて餌を与えていると
人間が食べる食事の食材への感謝の気持ちがわいてきます。
他の命をいただくのが食事なんですね。

日々の感謝を忘れずにおいしい食事をいただきましょう。
バロンの餌を食べた時のおいしい顔は
そんな感謝の現れなのかもしれません。

でも、明日は少しお腹をすかしてから食べようね!



外ではなかなか飛んでくれず、すぐに歩いてしまうバロンにクリックをお願いします↓
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初?生?

餌のお話、本当に参考になります!

餌の購入先をブリーダーさんに御紹介頂き、家には大人のウズラがやってくるようです。

初?生?雛。

雛の時の雌雄の選別で分けられたものと理解して良いのでしょうか?

初生雛

黒豆様

初生雛(しょせいびな)と確か読むはずですが、
これは
孵化(ふか)したばかりの雛のことです。孵化後 2~3日間はお腹の中に卵黄(黄囊)が残っていて、これが栄養源となるため給餌・給水の 必要がないのです。

選別という事であれば、確かにオスがはねられますから、そうとも言えますね。

ただ、お腹の中に卵黄が残っている、生まれたてのもののみ初生雛と呼ばれ、この卵黄がなくなるほどに育ったものは同じ雛でも初生雛とは言わなくなるようです。

が、ショップによってはそれすらも初生雛と記して販売しているところもあるようですので、やはり信頼できるところから購入するのが良いですね。

まもなくですね~楽しみですね~!
飛べるようになるまでは足も体も出来ていないのでアンクレット等を使っての係留は無理でしょうが、飛べるようになり始め、アンクレット、ジェス、リードの3点セットで係留を開始するまでは、部屋じゅう飛んでいって(もちろん肩や頭にも飛んできますが)あちこちでウンチしてまわりますので、その時期だけはウンチの始末が相当大変です。

よろしければ我が家で使っていたブルーシート(何枚もあります)を
お貸ししますがいかがですか?
ご希望されるようであれば
ブログ左側のメールフォームよりご連絡ください。
このメールフォームを使うとコメント欄を使わず、公開しないでメールだけでやりとりができますので、必要であればご利用ください。

もう、お名前は決まりましたか?

No title

ご無沙汰しています。


マウスやラットといった哺乳類に比べてヒヨコやウズラなどの鳥類の方が圧倒的に食いつきが違いますよね。中にはマウス大好きフクロウさんもいると思いますが、、
共食いと言ったらそれまでですが、人も同じ哺乳類を食べますからね(^_^.)

猛禽を飼うにあたって餌の問題は避けて通れないですね。
そんな人にフクフクフードが役に立ってくれれば冥利に尽きるんですが(+_+)

フクフクフード♪

バロンパパ様

ありがとうございます!

フンまるけv-356甘えさせて頂こうかなぁ・・・。メールフォームから伺います!

鈴フクロウ様

コスト面と、やはり餌をやる事に向き合わねば!と思って自分で捌く事にしましたが、いずれは誰かに世話を頼む事もあると思います。
その時はカット済みアルミパックの商品を利用させて頂きたいと考えております。
末長く、よろしくお願い致します。

うちのメンフクロウさんのお食事のとき、丁度私のお食事も
準備中でしたので、おかずの甲州ワインビーフをあげてみたところ…

ペッ

お気に召さなかったのね…
プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。