スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の島で

南の島で

ブリーダーさんのところで無理を言ってバロンを預かっていただきつつ、家族で南の島を楽しみました。
南の島の夜明けです。
夜明け

日が高くなると、こんな綺麗な海が広がっています。
海

シュノーケリングをしたら
カクレクマノミに会えました(^^)
クマノミ

ちなみに、
体に3本の白い線が入っているのが「カクレクマノミ」
白線2本は「クマノミ」
1本入っているのが「ハマクマノミ」
というんだそうです。

貴重な枝サンゴも間近にみられたし、
ツノダシやらルリスズメといった色々な熱帯魚にもたくさん会えました。

ブリーダーさんのところでも色々な生き物に会えました。
とっても綺麗な色をしたヘビや
しぐさがとってもかわいいカメレオン・・・・
チョウゲンポウやウラルアウルなどなど・・・

そんな中、ひときわ大きな存在感があったのが
このカラフトフクロウ!
カラフト

この重量感はたまりません!
モフモフのかたまりです!
しかもと~~~ってもおとなしい!!
絶対に甘噛みしかしないし、
なんとグローブなしで腕に乗せても強くつかまないのです!
もう、ぬいぐるみのくまちゃんのようで
子供も私もだ~い好きになってしまいました。

そんなカラフトフクロウをカメラで撮っていたら、
カメラが怖かったのか
メンフクロウの「なお」君が後ろのほうで
めずらしい威嚇の仕方をしてました!
なお
こんなしぐさはブリーダーさんも見たことないと
みんなで面白がってしまったけど、
「なお」君はきっと少しこわかったんだよねー
ごめんねーー
でもカメラにちょっと興味もあったんだよね?きっと。

そして・・・・・
3羽のワタワタちゃんたち・・・・
3羽のワタワタ

この3羽のうちの一羽は綿綿王子、バロン、フクちゃんの下の弟だそうです。
どの子が弟かわかりますか?
私にはみんな同じように見えてしまうんですが、
子供にはどうもわかったようです。

ブリーダーさんもみなさんご存じのとおりとっても素敵な方ですが、それに加え、色々な生き物たちに囲まれて、とっても素敵な時間も過ごさせてもらいました。
心も気持ちも豊かになれるひとときを、南の島で過ごすことができた旅になりました。

この島に住んじゃおうかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

充実した休日になりましたね

宮古島日記、有り難うございます。
ブリーダーさんとは電話でお話しかしていなかったので、イメージが湧きませんでしたが、写真をみることでなんとなく雰囲気がつかめました。

カラフトフクロウのジョン、可愛いですね。 最初にブリーダーさんのブログに載っていたジョンの写真は目が怖かったのですが、今回の写真は本当に愛嬌がありますね。 優しい性格とは聞いていたのですが、写真からは優しい雰囲気が伝わります。
カラフトフクロウも飼ってみたい気はしますが、ちょっと大きいので難しいかもしれません。

ナオ君の威嚇、うちの綿綿でも見たことあります。 ファルコンブロックに居るとき限定ですけど。 確かに普通威嚇するときは背を低くするので、背伸びしながらの威嚇は何が違うのでしょうね。 今度機会があったら実験してみようかな(すまぬ!綿綿)

No title

Akiさん

お久しぶりです。
普段から困った時にはブリーダーさんに頼ってばかりなのに
宮古島に行ってまで、完璧にバロンの面倒を見てもらってしまいました。
入り口の看板やらたくさんのワンちゃんやら、と~っても綺麗なヘビと思えないようなヘビやら、カメレオンやら・・・・色々な生き物に囲まれて、なんだか幸せな空間でした。 
ブリーダーさんもとっても美人でした。もっともっとブログにアップしたいのですが、あまりノーカンでアップしてしまうとご迷惑をおかけすることにもなってしまうと思い、今回はこの程度で勘弁していただこうと思っています。

ナオ君の威嚇は、ブリーダーさんも初めて・・・と言っていました。バロンもこの威嚇はしたことがありません。綿綿君はどんな時にこの威嚇をするのでしょうね。

カラフトフクロウのジョン君は英国生まれだそうです。なので、名前がジョン・・・。ジョン君の足は爪のところまでモフモフの毛が生えていました。メンフクロウの足とは全く様子が違います。が、女性の手の小指ぐらいはあるかと思えるような大きな足指をしていて、爪もすごく太いのに、つかみ方はほんと~~にソフトなんです。
体重は1.2kgぐらいと言っていました。
腕に乗せると、本当にズシッときます。
だいたい30年ぐらいは生きるらしく、そんな事もあり、我が家では人間のほうが先に逝ってしまうかも・・・・なんて冗談も出て、やっぱりいまからじゃ飼えないねえ・・・・なんて話していました。

そんな貴重な経験をしたと言うのに、バロンはもう忘れたかのようにマイペースで必死に餌鳴きをしています。
プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。