スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロン飛行機に乗る!

バロン飛行機に乗る!

バロンを連れて沖縄に行ってきました!!(往路)
初めての電車
初めてのモノレール
そして初めての飛行機!!
そう、バロンが生まれたところに初めての里帰りをしたのです!

小型犬用のトラベルケージを加工したものなので、ほんの少しだけ高さが低いようだが、まあまあ使える。むしろ奥行きが長すぎるのでもっと短めのものが・・・・とは思ったものの、世の中で使えるのはこれぐらいが一番小さいものらしい。

このケージがしっかりしていないとペットを預ける時にあずかってもらえないこともあるらしいので、一応小さいトラベルケージとは言え、「国際航空輸送協会(IATA)の航空輸送基準」をクリアしたものにした。

で、電車に乗り、モノレールに乗り、羽田空港に到着。
チェックイン前にちょっと撮影を・・・・
空港なので出してあげることができくてごめんね~

羽田空港で

で、今回はJALの「ペットとおでかけサービス」というのを利用。

http://www.jal.co.jp/dom/service/pet/

手続きは簡単でした。
羽田では、人間と同じチェックインカウンターに行って、

1)ペットを預けたいことを申し出る
2)ケージ(ペットとおでかけサービスではクレートというらしい)の強度や形状を確認。
3)大丈夫だったら、預けられるので、片道の輸送料を払う。
4)同時にペットを運ぶにあたっての同意書にサインする。
5)預かり証をもらって
・・・手続き完了。

で、ここで注意!
輸送料は1区間5000円だが、
短い距離の輸送料は3000円とか2000円となる。
良いことのようだが、

例えば、羽田→B空港直行だと5000円

しかし乗り継ぎ便にしてしまうと
羽田→A空港までの1区間分5000円に、
A空港→B空港までの3000円を加えて
計8000円となってしまうらしい。

今回は那覇乗り継ぎ便を使ったので、片道8000円を払うことになりました。
でも、これって何か変な気がするのは私だけ?

ともあれ、ペットと一緒に旅行に行く時、
もし直行便が使えるんだったら、乗り継ぎ便に乗るよりはるかにお得になるらしい。
ペットと一緒に旅行に行かれる方は、一度確認してみてください(^^)


もちろん、人間が泊まるホテルでもペットOKのところはありますが、犬や猫が対象で、さすがにフクロウは「?」・・・

今回はバロンが成長した姿も見てもらいたかったし、こんなに良い子に育ててくれていたブリーダーさんのところへの里帰りの意味もあったので、ブリーダーさんのところに無理を言って泊めていただくことでお願いをしました。

到着空港からはレンタカーで移動して、ブリーダーさんのところに到着!
バロン、覚えているかな?
一番最初のお母さんだよ~

・・・・とケージを開けたら
さすがに電車・モノレール・飛行機・レンタカーと乗り継いだせいで
少々お疲れ・・・・
「伏せ」をしていました~
到着直後

ひさしぶりにこんなに「ヨレ」たバロンを見ました(^^;

たまたま空きが出たバーチもあり、
さっそくブリーダーさんのところで係留。
バーチにとまるのも初めてだし、
環境がまったく違うし・・・・

これは何?
ここはどこ?
・・・・のバロンでした。
初バーチ

ブリーダーさんには本当にご無理を言って
数日間お世話になるので
お行儀よくしていてね!!
とバロンには心からお願いしました。
まあ、無事に着いてなによりでした。
みんなお疲れ様!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!

バロンくん里帰りなんですね!
ああ、ウチもいつか里帰りさせてあげたい。三兄弟の偉大なる母フクロウとブリーダーさんによろしくお伝えください。旅行話楽しみにしています。

大旅行

バロンにとっては今回大旅行でした。
救われたのは飛行機も車も電車も全く酔わなかったことです。
でも、到着空港で出て来た時は、羽を少し広げて
尻もちをついたような格好でくたびれ果てていたようで
ちょっとかわいそうになってしまいました。

ワタワタちゃんの頃、一番最初に家に来て、
段ボールを開けた時の姿が重なってしまいました。

レンタカーで走っているうちに
ずいぶんといつもの調子に戻りました。

故郷の島は、と~っても良いところでした。

すごくきれいな海で、
熱帯魚をたくさん見てきました。

ブリーダーさんのところで
ワタワタちゃんを3羽見てきました。
メンフクロウの「なお」君もいました。

その他にも面白い生き物がいっぱいいました。

フクちゃんももうご近所に
お出かけしているのですね。
もうすぐ旅行も出来るかもしれませんね。

里帰りするとブリーダーさんも
喜んでくれるのではないでしょうか?
近い将来
みなさん一緒に里帰りできると良いですね(^^)

No title

すごい!里帰り、よかったですね!
ブリーダーさんも喜んでくださったでしょうね!
飛行機、大丈夫だったんですね。バロン、えらかった☆
初めての偉大な母のことは覚えていましたか?

我が家では前に飛行機に乗せた時の憔悴ぶりがひどかったので、新幹線を使っています。
飛行機を乗るのが三度のゴハンよりも好きで、いつまでも乗っていたい私ですが、あの時はとにかく早く着いて欲しくて、乗った気がせず。。。
暗い中で一人ぼっちで貨物室の乗せられている綿綿を思うと、なかなか飛行機に乗せる勇気がなくなってしまって。。。
近々実家に帰る予定があるのですが、ちょっとまたチャレンジしてみようかな。。。


故郷の島はさぞ綺麗だったことでしょう!
私も行ったことがありますが(ブリーダーさんのところではないですが)、本当に美しく、食べ物も美味しく(笑)、素敵なところでした。


本当にいつか行けたらいいなあ。。。

No title

またーお様

なんとかかんとか里帰りさせられました(^^)
空港で出てきた時には見た目からして
「ヨレ」ていたので、大丈夫かなと思いました。
その後すぐにレンタカーでの移動でしたので。

でも、車に乗っているうちにやっと皆と一緒だという事が
わかってきたみたいで落ち着いてきました。

飛行機に乗っている時には、少しでもガタガタ揺れると
大丈夫かなあと思いましたが、
なんとか乗り切ってくれました。

ブリーダーさんは
「私のことはもう忘れていると思いますよ・・・」と
仰っていましたが、
やはり声を覚えていたのではないかと思います。
滞在中係留で過ごさせていただいたのですが、
係留する時も実に落ち着いて安心していましたので。

それに加え、
旅行から帰ってみると
以前に増してなつっこくなっていました。
ブリーダーさんが何かマジックをかけてくださったのではと
思っています。

ともあれ、こんなに大きく育ちましたという報告と
すごく素直な良い子になっていますという姿を
お見せできたのが良かったと思います。

綺麗な景色の島でした。
また機会を見つけて
訪ねたいものです。
プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。