スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!関係回復開始!

祝!関係回復開始!

今日は子供とバロンの関係が目にみえて回復してきたのがわかる一日となった。
やはり餌やりは大きいようだ。

関係回復その1)
朝、子供がバロンをなでようとした時、一度羽を広げて威嚇しかけたが、「だめだよ」と子供がしっかり言うと、そこでフリーズして緊張しながらもなでなでされていた。

関係回復その2)
日中、子供がなでているときに指を強く噛んだので再び「ダメ!」というとそこでフリーズ。それ以上強く噛むことはしなかった。

関係回復その3)
机の下にいる時に手を出してもいきなり噛みついたり、威嚇したりしなくなった。以前はそうした近くを通るだけでも羽を広げて威嚇して追い払いにかかった。

関係回復その4)
餌を与える時、部屋の中には子供とバロンだけにして2人だけの空間を作ってみたが、その中でも子供の指示で渡り&投げ戻しを10回以上達成した。

まあまあの回復かな?
これについてブリーダーさんにうかがってみると、やはり成長して自我が出てくると個体差はあるものの、ある特定の人を排除する行動が出ることもあるそう。
個体差はあるものの、だいたい孵化後6カ月近くからこうした自我が強くなってくるらしい。
その時期に「野生の本能」をむき出しにさせてしまうか、穏やかに収束させるかは飼い方にもあるとのこと。

我が家はいつかフリーフライトを・・・・と考えているので(出来るようになるかは未知数)飛ぶための体づくりを・・・・と思って部屋の中で割と自由に飛ばせていたのだが、あまりに自由にさせすぎていたらしい。

ここまで飛べるようになってきたら、係留を基本として、渡りの練習の時やその前後にしっかり飛ばす状態にしたほうが良いらしい。
・・・・でないと、ひどい場合には、部屋の中全部が自分の場所になってしまい、自分の場所から追い出したい人には威嚇をするような状況も発生することがあるらしい。

これから、係留を基本として
訓練時にしっかり飛ばす・・・・・に明日から変更。
でも
ちょっとは一緒に遊びたいなあ・・・・
ひざの上とか肩の上とかで遊べないのは人間のほうが寂しいかも・・・・

訓練の時と、遊びの時と時間を決めて放す・・・・で、後は基本的に係留・・・・
うん、しばらくこれで様子を見よう(^^)

新聞で器用に遊んでいるバロンはそんな議論が行われている事は関係なさそう(^^)
・・・・・足が器用でしょ?

新聞好き

新聞をちぎるのって楽しい~
新聞・・幸せ

子供と二人だけのごはんタイム・・・・
こっそり見ていたら
呼び寄せ&投げ返しを12回程度上手にやっていた。
お互いに上手になったみたいだね!
おいし~い!

ごはんを食べるのって、やっぱり一番楽しいよね(^^)
ご飯をくれる人

伝えるべき事を丁寧にきちんと伝えたら、
危なくないかぎり、
子供の頑張りや能力を信じてまかせてあげる。
そして
フクロウの能力や可能性もしっかり信じてあげる。
という事がやっぱり大切な事なんだね。

まだまだバロンと子供の関係は以前の状態に完全には戻っていないが、たった2日でもここまで関係を回復できるという事を子供とバロンが見せてくれた気がする。
関係を回復するだけではなく、その先の良い関係を築けるように頑張ろう!!

バロンとの関係がもっともっと素敵なものになりますように!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝! 100回

今回の日記で100回目ですね。 おめでとうございます。 Barnowlさんのマメさには頭が下がります。 これからもバロン日記楽しみにしていますので、宜しくお願いします。

さて縄張り意識の件、同じ事をブリーダーさんから言われ、綿綿は係留がメインです。 (据え回しや、フライトが十分に出来ておらず、綿綿には申し訳なく思いますが・・・)

ちょうど今週の「探偵!ナイトスクープ」という大阪の深夜番組で、インコに関する相談がありました。 飼っているインコが半年前から小学生の子供を襲うようになったので何とかして欲しいというものですた。 結局は子供が怖がってしまっているのが鳥に伝わっていること、そしてやはりインコに縄張り意識が目覚めていることが原因だったようです。 フクロウがというよりも鳥の習性なのですね。

そういえば、姐さんのところのまめ。さんも息子さんを襲っていましたね。(ヘルメットをかぶった息子さんにまめ。さんがキックをする動画がありました。)
縄張り意識、恐るべしです。

そう言えば、うちの場合、縄張り意識を緩和させるために、係留のみならず、ダンボールハウスも撤去しました。 綿綿に「ここが良い!」という場所を作らせないようにするためです。(最近、簡易型のものを復活させましたが、出したりしまったりして変化をつけています。

やはりどの動物も自分の心地よい空間を維持したいという本能があるのでしょうね。

御礼

Aki様

ご訪問&丁寧なコメントをいただきましてありがとうございます!

本人も気がつかないうちに100回に到達してました。ありがとうございます。

縄張りの件はなかなか難しいものですね。

バロンの場合、バロンが入って落ち着けるようなケージや箱などは最初から一切置かないようにしていました。

お気に入りの場所もTVの上→家内のテーブルの下→椅子の背→ダイニングテーブルの下に入った椅子の座面→ソファと窓の隙間 と変わっていたので、いわゆる「自分の場所」と思えるような場所は無いものと思っていました。

ただ、朝、人が起きた時に放し、日中放したままで夜、人が寝る時に係留して翌朝までそのまま係留・・・・という状態ではありました。

実はここに問題があったという事がブリーダーさんとのお話しで判明したのです。

つまり、自由に飛び回れる部屋そのものがバロンの縄張りと認識し始めているという状態になりつつあったという事だったのです。

なにもケージや段ボールだけが「自分の場所」になるのではなく、部屋全体が「自分の場所」になるという、目からウロコが落ちるお話しでした。

なので、今日は一日呼び寄せや散歩の時以外はとりあえず係留してみたところ、人ではなく、鳥がかわりました。とても同じフクロウとは思えません。

ただ、そうするとあまり遊べないので、
1)餌を使った呼び寄せの時
2)散歩の時
3)人と遊ぶ時
を明確に時間を切って放す&係留するをしてみようと思っています。
一日の係留でここまでおとなしくなってしまったのは、ちょっとだけかわいそうな気もしますが、
これからお互いにペースを作っていくことになるんだと思います。

なかなか難しい問題のような気もしますが、
上手に乗り越えていきたいものです。

また綿綿のかわいい姿もみたいので遊びにいきますね。
よろしくお願いします(^^)
プロフィール

BarnOwl

Author:BarnOwl
「メンフクロウと一緒に♪カラフトふくろうも(^^)」
 へようこそ
ふくろうカフェもオープンし、メンフクロウについでカラフトフクロウも我が家のメンバーに加わりました。家の中でフクロウを飼うというのはどんな感じかを少しでもご紹介できたらいいなと思っています。更新がなかなか出来ていませんが、少しでも頑張って更新していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問ありがとうございます
Cafe Baronへ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。